売春と知りながら店の個室を提供した疑い 風俗店店長ら2人逮捕 大分 (23/01/23 18:30)

売春と知りながら店の個室を提供した疑い 風俗店店長ら2人逮捕 大分 (23/01/23 18:30)

売春と知りながら店の個室を提供した疑い 風俗店店長ら2人逮捕 大分 (23/01/23 18:30)

女性が売春することを知りながら場所を提供したとして、大分県別府市の風俗店店長の男など2人が逮捕されました。
東京の元ホストの男が、女性客にツケを支払わせるため売春させていた事件を巡る捜査の中で発覚したということです。

売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、ともに別府市石垣西に住む会社役員・畠山恭介容疑者と風俗店店長・長峰洋一容疑者です。

警察によりますと、2人は1月21日の午後8時ごろ、別府市元町のソープランド「小梅クラブ」で従業員の30代女性に対し、売春する目的と知りながら仕事として店の個室を提供した疑いが持たれています。

今回の事件は、東京の元ホストの男が逮捕された別の事件の捜査で浮上しました。
この男は、食事代のツケを回収するため、女性客に約1000万円を要求し、都内のソープランドで売春させた疑いがもたれています。
この女性が一時、別府の「小梅クラブ」でも働いていたということで、警察が関連について調べています。

ソープランドカテゴリの最新記事